数字とスピリチュアル



以前記載した8の数字の意味に続いて9周年記念に因んで9の数字の意味について記載しようと思ったのですが、そういえばその前に、数字とスピリチュアルな関わりというものを記載していなかったなと思いまして、今後も数字の意味を気まぐれに記載していくと思いますので、新たに「数字とスピリチュアル」というカテゴリも追加致しました。

過去に記載した数字にまつわるブログもこのカテゴリからご覧い頂けます。

愛芽が作品の滴の数に込めている数字は愛芽のメッセージには書ききれない深い意味や解釈を持ちます。これを記載することでオーダーの際の数字選びの参考や等、日々の暮らしに数字とスピリチュアルを身近に感じ取り入れる良いきっかけとなりましたら幸いです。


はじめに

愛芽が創作に数字を取り入れるようになったきっかけは、自身の体験から。

ゾロ目は時々は見ることあっても、わ~すごい。それだけで特に気にせず過ごしていたのですが、ある頃からゾロ目をあまりにも頻繁に見るようになって、これは何かあるなぁ。。と何となく調べてみたところから始まり、数字には全て意味やメッセージがある事を知りました。そして数字は水と同様スピリチュアルとも関りが深いことが解りました。

元々私自身、スピリチュアルに関心はありましたが、自身が体験していない事に関してはほんとかなぁ。。などと半信半疑の方が強く、信じきれずにもいました。

今思うとスピリチュアルを完全には受け入れない事で、いかがわしいスピリチュアルに惑わされないようにする防御の為や、全くスピリチュアルに関心がない周囲との距離を測る事で何となくな中間を保っていたように思います。


…と私の場合、そのスピリチュアルの距離がグググっと縮まり始め、確信をもって存在や繋がりを感じるきっかけになったのが数字を通してのメッセージでした。こうしてブログに記載している事に関しては私自身が体験しているものなので、確信を持って記載しています。なので、今は特に何も感じていない人達も、きっとある段階に達すると自分と同じような体験をするのかなぁなどと個人的には思っています。実際にお客様からもそうしたお声を頂く事もあるので、今は半信半疑、信じられなくて当前。そんなこともあるんだな位に思って読んで頂ければと思います。いつか自分が体験する時が来た時、あーそういえば愛芽さんのブログにこんな事書いてあったなぁ。。などと腑に落ちる時が来たらこれ幸です。


元々装飾が持つ歴史や、下記の記事にも読み取れるように、古代の人たちは現代よりももっとスピリチュアルは身近なものであり、天使や神といった存在をとても身近に感じて生きているのが解ります。日本でも古くから八百万の神様や、日常の言葉にも「お天道様が見ている」、「ばちが当たる」等、見えないものを敬う言葉があります。

これらは現代の人達も感じるべき大切な感覚だと思うので、信じる信じない、宗教あるないは抜きにして人としての礼儀、道徳にもつながる部分だけでも参考にして頂けたらと思います。

という事で、スピリチュアルに関する記事には当然のごとく天使