ネックレスの意味と込められた願い



今回はアクセサリーの中でも最も古い歴史を持っていると言われているネックレスについて、私が行きついた情報サイトから抜粋させて頂きながら愛芽なりにまとめてお話したいと思います。

ネックレスの歴史

ネックレスの歴史はとても古く石器時代には存在していたと言われ、その頃の人々の生活は当然、現代とは全く異なり、今日の食料を得ることもままならない過酷な時代。生きていくために命懸けで自然と戦い、狩りをし、植物を食べなければならず、そうでなければ、「死」が待っているのです。そんな時代のネックレスはペンダントトップに石、動物の牙、木の実、魚の骨を使用していたことが分かっていて、飢えをしのぐ食への強い願いが込められていたと言う意味が伺えます。

更には、「呪術的」「魔力的な」目的でもつけられ、敵や病から身を守ったり、人間のチカラではどうにもならない自然災害から逃れようとしたり、まさに、藁にもすがる思いで「祈り」を捧げていたのでしょう。

つまりペンダントトップにはそうした「人の願い」が込められていた装飾といえます。

人々の生活が少しずつ豊かになってくると、権力者や身分の高い者が富と権力の象徴として身につけるようになり、ネックレスの素材も多種多様になります。海外では、胸元の空いたドレスが主流になり胸元のアクセサリーとしてネックレスやペンダントが流行しました。この頃から、高価な宝石や、いろんな形をしたものが貴族の間で人気が出始めます。

更にこの時代に宝石の研磨や、カット技術が急速に発達したと言われています。

日本では、縄文時代や弥生時代にはすでにネックレスが存在していたと考えられていますが、奈良時代や飛鳥時代には襟の詰まった服装が主流になり首飾りは廃れていきました。さらに時が流れ西洋文化が到来した明治時代から次第に日本に装飾品が広まっていったと言えます。



ネックレスを贈るという事

ネックレスに関わらず、輪っかになっているアクセサリーをプレゼントするということは、少なからず「相手を束