月の時代とそのシステム


オーダー品の鋳造が上がってくるまでの間、今週は少し時間に余裕ができたので以前ブログでも少し記載させて頂いた、新時代(月の時代)のお話を…と思っていたら、以前載せた女神と13の数字の記事が何故か消えてしまっていたようで…頑張って書いたので若干トホホですが。慌ただしかったので何か操作を間違えたのかもしれません。まだ慣れない新ブログのシステムです。(笑)

読まれた方は覚えているかもしれませんが、それはまた改めて掲載させて頂く事に。

順番が前後しますが、今回は2012年に太陽の時代が終わり、始まった月の時代について記載したいと思います。スピリチュアルに詳しい方は当然知っている内容と思います。


さて、太陽の時代の終わり、すなわち2012年はマヤ歴の終わりを意味しています。

マヤ歴の始まりは紀元前3114年、約5000年も続いた太陽の時代がいよいよ終わりを告げ、2013年新たに始まった月の時代。実は今までにない地球の大転換を2013年に迎えました。けれど、急にすべてが180度変わる事は当然あり得ません。人々が混乱するだけなので、それは徐々に変化していきます。

新旧のシステムが入り混じった5年を経て、今年2018年から全て新しいルールに切り替わり、いよいよ目に見える形での新時代の始まりのようです。これからしばらくは新旧のエネルギーが切り替わっていくので、激動期とも言われています。という事は今までの古いシステムの中で生きてきた私達も、それら古い意識を捨てて新システムに合った生き方をする事が、幸せの入り口となります。



●太陽の時代のシステム

まず5000年も続いた太陽の時代はどういったものかというと、太陽をシンボルとしたピラミッド型の支配構造時代と言われていて、一つの者を神として崇め、それ以外の者は従うという構図の中にある為、神が絶対的なルールであり、それに逆らうものは裁かれるという意味を持ち、一神教や偶像崇拝など支配と被支配とに分かれる二項対立の時代。

あまり知られていませんが、2%の存在が世界の半分の富を所有するという世界。私も数年前にこの情報にたどり着いた時、驚きを隠せませんでしたが、腑に落ちたのを思い出します(笑)

更に、太陽の時代は「地の理」といわれる地球の中だけに通じるルール、支配するものが作ったエゴのルールです。

「地の利」のキーワードは 「複雑」「不調和」「競争・搾取」「秘密」「束縛」「不公平」「分離」「短所是正」「ムリ・ムダ・ムラ」「修行」

そして特徴は

●弱肉強食、物金中心、権力出世志向。

●交感神経優位の男性性主導。

●比較、競争当たり前。

●想ってることと言っていることが違い、言っていること