古くから愛される金属達


About Usでも記載しているように愛芽は装飾に適している地金、銀(シルバー)、金(ゴールド)、オーダー希望がある時のみ、プラチナ、真鍮を用いて制作します。

メッキコーティングやK14gf(ゴールドフィルド)の素材は使用せず、古くから愛されている地金そのものを使い、創作しています。中でも銀は愛芽が好きな地金の一つでもあります。(金属アレルギーのお客様のみチタンコーティングのピアス金具を使用)メッキコーティングやK14gf(ゴールドフィルド)の素材は低価格で購入しやすいく、ここ数年ではチタンコーティングやK14gfなど新しい素材のアクセサリーも人気です。

シルバーやゴールドはただ高いというイメージがより根付き始めているようにも思いますが、食品もオーガニックが身体にいいのと同じで、古くから愛されている銀は身に着ける地金としてオーガニックと呼べるのではないかと愛芽は思います。

今回は古くから愛されている最も代表的な金属、銀(シルバー)、金(ゴールド)、プラチナ(白銀)の特徴や意味を知って頂き、地金が持つ良さや装飾選びの参考にもして頂けたら幸いです。