夏のシルバーの変色を防ぐ簡単なお手入れ


暑い日が続くこの頃、沢山汗をかくこの季節は、アクセサリーやジュエリーも汚れが付着しやすく、放っておくとどんどん、変色やくすみが進んでゆきます。特に愛芽が取り扱っているシルバー製品は一番お手入れしてほしい金属です。けれど、ただ面倒くさいと思っていませんか?愛芽の約20年間にわたる経験から、30秒でできる一番簡単でかつ綺麗を保てるお手入れを載せたいと思います。その前にシルバー他アクセサリーの心得も。



ジュエリー、アクセサリーは清潔に

まず初めに、毎日身に着ける装飾品は衣類とほぼ同じと思ってください。

シルバーは変色してくれるからこそ汚れている事を教えてくれるとても分かり易い金属です、変色しない金属もお手入れしないと皮脂が詰まって汚くなったり、くすみの原因となりますので、どの金属もお手入れは必要だと思ってほしいです。

但しメッキ製品に関しては、メッキがはがれる恐れがあるので一番厄介です。特に夏は汗などでメッキに含まれるアレルギーになりやすい金属が溶け出してアレルギーを引き起こしやすいからです。肌に直接身に着けるものなので夏のメッキ製品はあまりお勧めできません。私もそうなのですが、特にピアスは一番アレルギーになるきっかけになりやすいと思います。

何度も着ているのに洗わないで着まわす服は清潔だと思いますか?

アクセサリーも肌に直接身に着けるので確実に皮脂や汚れは付着します。想像してください。食器だって使ったら毎回洗うのに、ジュエリーやアクセサリーは身に着けてそのままでは普通に考えて汚いですよね。

まずは、心構えとして金属だからそのまま外して置いておけばいいと思うのはやめましょう。何日も洗っていない服を着ているのと同じだと思っていた方がお手入れをする気持ちが生まれます。


シルバーアクセサリーをはじめとするジュエリー、アクセサリーを綺麗に保つ簡単な日々のお手入れ

愛芽の経験上、一番簡単でお勧めなお手入れは、泡のハンドソープで優しく洗い、水洗いをして、柔らかな布やタオルで優しく水をふき取ってあげる事。これだけです。


石鹸でもいいのですが、必ず泡立てて使う事。石鹸自体が付着してしまうとそれらが皮脂と同様隙間に詰まっていってしまうので、逆にくすみの原因にもなるので泡が一番です。

ブラシやスポンジも基本的にはいりません。(溝の部分はブラシをするとなおいいと思います。)泡のみです。簡単ですよね。

夏は特にこれを毎日することをお勧めします。

夏以外の季節も汗をかいたなと思ったり、飲食店のスモークが付着するだけでも変色の原因になりますので、外出したらこうして洗ってお手入れしていただく事をお勧めします。

これを毎日していれば、磨き布もクリーニング液もほぼいらないのだと実感しています。

写真は私物のネックレスですが、毎日この方法でこの綺麗さを保っています。




湿度の高い夏はすぐに変色することも。。

上記の方法でほぼ綺麗な状態は保たれます。ただ湿度の高い夏は、空気中のあらゆる成分、飲食店の煙等にも反応します。汗皮脂と共に、強い日差しや、日焼け止めクリームなど変色の条件がフルに重なると外出しているうちに既に変色してしまうという場合も出てきます。

その際は、まず泡で汚れを落として、水洗いし、磨き布やクリーニング液で黄ばみを取ってあげるのが一番です。上手にメンテナンスしてあげれば自然な燻しとなってそれもまた良しとなりますので、溝の部分の変色だけ残していくというメンテナンスもできます。

これらを放っておくと汚れや皮脂がそのままついたままどんどん汚くなって自身のメンテナンスができなくなります。


定期的なメンテナンスがお勧めです

上記にあるように急に変色してしまったり、細かな傷が増え磨き布でも綺麗にならない際等、長年使っているとどうしても起こります。クリーニング液を購入頂ければご自身でもメンテナンスが出来ますし、愛芽でもメンテナンスを承っていますので、毎日のメンテナンスは難しいという方は最小限の価格で済むよう定期的なメンテナンスもお勧めです。

お預かかりするとメンテナンスの状態が一目でわかるので、このお客様はとても大事に使用されてるなと感心することもあります。


あまりに酷いものに関しては火を充てて皮脂が全て焼けるまで何度も火を充てなくてはいけないので、チェーンなどは買い替えをお勧めすることもあります。

手間代もかかってきますし、火を充てられない場合のジュエリーもあるので、どうしてもメンテナンスに限度が生じてきますのご了承下さいませ。



又、以前もお話したようにずっと身に着けていると変色せずに、ほぼきれいなままだったりしす。それは一緒お風呂に入り体を洗うからです。

但しパール等のデリケートな石がついているものや更に接着の物はお湯に着けると外れやすくなりますのでお勧めできません。そして大ぶりのジュエリーなどは流石に一緒に身に着けて入ったりはしないので、全てに適用できませんが、要するに清潔にさえしていれば綺麗な状態を保てるというのが愛芽の見解です。これは愛芽が取り扱っているシルバー、ゴールド、プラチナに関してです。


以上を参考にしていただき、是非、暑い夏もきれいになままジュエリー、アクセサリーを身に着けていただけましたら幸いです。又、なぜ変色するのにシルバーは古くから愛されているのかも、こちらごご覧頂くとお分かりいただけると思います。→古くから愛される金属達

© 2020by Sarah Lane. Proudly created with meme-jewels.com