人を救うためのテクノロジー




熊本ではボランティアの不足、コロナもあるから県外の受入れを厳しくするのも理解はできるし、ボランティアに行きたい人のもどかしさもやっぱり理解できる。

ただこれは始まりに過ぎなくて、これから各地で洪水や地震等の災害、そしてコロナ感染を考慮すると、皆それぞれの生活で精一杯になるし、人工も減っているのだからもっと悲惨だ。

こんな時にこそテクノロジーが必要なのではと個人的には思ってしまう。


アメリカから戦闘機を爆買いして6兆円使うよりも、人を救うためのテクノロジーに6兆円かけたらどんな今になっていたのだろうか。。


医療にしても、ボランティアにしても、元々若者が少ない日本で、鉄腕アトムまでいかなくても、力仕事を代わりにやってくれるロボットやAIさんに力を借りなくてはもはやどうにもならないと。。


だけど、そもそも今ある政治は国民が選んだ人達の集まりだ。私は父が共産党だったから、幼い頃から真実を知り、ビニールやプラスチックが出るときも反対、消費税3%の頃から増税にも反対。

だから当然今、やっぱりとしか言えない。今から文句を言ってもみんなが選んで、もしくは無関心できてしまった結果なのだから仕方なし。

仕方なしだけど、ちっぽけな私も私がやれることを、やってゆく。必ず未来は素晴らしいと信じて🌱


https://www.google.com/amp/s/www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2019/04/f35114762000.php




© 2020by Sarah Lane. Proudly created with meme-jewels.com