フラワーオブライフ(神聖幾何学)


神聖幾何学模様とよばれるフラワーオブライフ

今回のテーマであるそらのたね、宇宙の種には欠かせないものなので、愛芽のイラストと組み合わせたコースターにして作品と共に飾りました。ようやく愛芽の創作の世界が一つにまとまったのでございます♪


今回の作品のテーマとしてまず先に来ていたのがクロス、そして種、その次に宇宙。

最初のクロス(十字架)もこのフラワーオブライフに繋がってきます。。

十字架はキリストのシンボルだけの意味ではないのです。それはまた別に機会に記載したいと思います。


フラワー・オブ・ライフとは、全て黄金分割された究極の調和のバランスを持った図形で、 装飾モチーフとして古代から使われてきたこの図形は、6角形の左右対称な構造とともに花のようなパターンを形作っています。 形、割合、調和が完璧なフラワー・オブ・ライフは世界中の哲学者や建築家、そして芸術家に知られていました。

花びらに見える部分は円と円が重なった部分で、この2重の円の中に19個の円が隠されています。 今年は2019年シンクロですね。。


フラワー・オブ・ライフは、全ての生命体を包括する究極の形と言われ、宇宙そのものを表す、森羅万象の元となるパターンであり、無条件の愛の象徴とされる神聖な形、宇宙の原初の言語であり、純粋な形と均衡です。


Seed of Life(生命の種子) → Tree of Life(生命の木) → Flower of life(生命の花) → Fruit of lofe(生命の果実)