Win-Winであること


先日お世話になっているかおるさんから頂いたアロマオイル。ラベンダーの香♪

何と私のイメージの香だそうで、恥ずかしいですが、やっぱり嬉しいです。いつもお心遣いありがとうございます。

不思議とラベンダーを頂く事が多くて今年はアトリエの花壇にもラベンダーを植え、今まさにアトリエは癒しのラベンダーの香りで広がっています。


さて、猛スピードながらも、内容も濃かった上半期を終え、愛芽としてまずは今後一番の大事な基準としたいな~と思っているWin-Winの関係が築ける相手と仕事やお付き合いを大切にするということ。そこで重要なキーワードが『ギバーとテイカー』


簡単に説明すると

ギバーは与える人、自分が得る利益よりも多くを与えようとする人。

何をしてあげようかどれだけ与えるか・差し出す。

但し、成功するギバー(他者志向型ギバー)と成功しないギバー(自己犠牲型ギバー)二つに分かれる。一方テイカーは受けとる人。搾取する人でも言いましょうか。自分が与えた量よりも多く利益を得ようとするもの。何をしてもらうかどれだけもらえるか・奪う。

その中間にマッチャー。一番多いとされる人たちです。自分の利益と相手の利益を同じにしようとするものギブ&テイクのバランスお互い様。

ギバーとテイカーについての詳しくは自分で調べてみてくださいね。中田敦彦さんのYouTubeだと分かり易いかもしれません。


愛芽の活動はよりギバーの方へ傾いていくので、自己犠牲はせずにギバー同士で進んでいきたいと思います。だって互いに与え合えばwin-winの関係。そしてマッチャーさんも共にゆけばギバーさんになる事もできるし相乗効果でみんな繁栄してゆく事ができます。なんて理想的。もしかしたら自己犠牲はテイカーさんにとって格好の人になってしまうので、そうならないためにビジネスを本気で学んでいるのかもしれません。

だからこそ、そらのたね支援は特にギバーさんと築いてゆかねばなりません。テイカーさんを見抜くのは難しいのですが、まずは自分がテイカーさんとは仕事をしないという一つの基準を設けて、しっかり地を固めて参ろうと思います🌱


今朝はクジャクみたいな雲。美しい空の景色でした🌱




© 2020by Sarah Lane. Proudly created with meme-jewels.com