9月の宝石-アイオライト・サファイヤ-


今月から毎月、その月の誕生石についてその宝石が持つ魅力や、意味、効果等を詳しく紹介してゆこうと思います。宝石についての知識として、そして宝石を選びの参考にしていただければ幸いです。


今月は9月の誕生石、アイオライトとサファイヤを紹介したいと思います。

因みにラピスラズリも9月の誕生石に当たるといわれていますが、こちらは一般的に言われている12月に記載したいと思います。どちらにせよ、9月生まれの人には深い青色がお守りになるようです。



Sapphire-サファイヤ-



●主要原産地

オーストラリア、スリランカ、タイ、ミャンマー


●色

種々の青色、無色、ピンク色、オレンジ色、黄色、緑色、紫色、パパラチア色※桃色と朱色の中間色のもの。シンハラ語で「蓮の花」、「蓮の花の蕾」という意味も。 幻の宝石とも言われる。


サファイヤは元々、特定の石の名前ではなく青い石のことを指す言葉で、旧約聖書の時代にはラピスラズリのことをサファイアと呼んでいました。 その為、一般的にサファイアは青色の石と思われていますが、非常に多くの色を持つ石です。コランダムグループに属する物の中で、真っ赤 な物をルビー、それ以外を基本的にはサファイアと呼びます。

様々な色の中で世界中で最も愛されているのは、深く美しいブルーであり、最高のものは産出地や微妙な色合いなどによって「 ロイヤルブルー」「コーンフラワーブルー」等の呼び 名が付けられています。


●古代から愛される聖なる石

サファイアは、ローマ時代から日の目を浴びるようになったパワーストーンで、 深く澄んだ青色は慈愛や誠実の象徴とされ、多くの人から愛されるようになっていきました。また、サファイアはルビーと同様にダイヤモンドの次に硬いと言われています。硬度が高いことから「丈夫な地盤を持つ」という効果もあると言われ、閃きを形にする際、不安定な地盤を丈夫で確固たるものにしてくれると