4月の読書


今月はこれまた10年以上前に購入した須藤元気さんの本、『風の谷のあの人と結婚する方法』を久々に読んでみました。

タイトルで購入してしまったのもあるし、何よりセンスがいい。丁度、須藤元気さんが格闘技を引退されたころだと思います。K-1やPRIDE等若かりし頃は格闘技を楽しんでみていた私。正直、元気さんは格闘家の頃はそんなに好きではなかったのですが、引退後に実はとても哲学的で文系な方と知って、話している内容も素晴らしい。そこからファンになりました。その後WORLD ORDERというダンスユニットを結成されて、それがまたアーティスティックでやっぱりこの人は凄い。そう思って今があります。


この本はインタビュー形式で人間関係や仕事等、普段の生活に対して須藤さんはどうとらえて過ごしているかが書かれている本なのですが、久しぶりに読んでみると、やっぱりこの人は凄い。そう思えてしまう。何故ならその内容はほとんど私がここ数年にブログに書いているような内容だったから。当時の私はまだまだ未熟で、頭ではわかっていても本当の部分ではわかっていなかったから、内容もすっかり忘れていたのだと思う。

やはりある一定の経験値を超えないと呑み込めないラインがあって、精神性の時代に入った今はそうした、生きやすい生き方の方法や、宇宙の法則等のマインドの本やブログは山程あるけれど結局、それを聞く本人がある一定のラインに行かないとどれだけ話しても自分の中に吸収する事は出来ない、その一定ラインを超えた時、なるほどと、ゴクゴクと呑み込めて吸収できていく。


この本が素敵なのは、タイトルでわかるように、その文章や伝え方、少しユーモアが加わったセンスありありの本で、元気さんの人間性の素晴らしさが溢れんばかりに出ているので、ちょっとスピ系は苦手だなぁ。。と思われる方は、スピとは感じずに、成功哲学からの切り口なので、説得力を持てる内容です。昔私も書きましたが、量子力学もこれから知っておいた方がいい内容。私ももう少し勉強したい事柄でもあります。


さて、今月この本を読もうと思ったのはぱっと見でこのブルーの表紙に惹かれたのもあります。何故なら、6月のそらのたね展ではブルーをテーマにした展示会をするから。既に昨年末からブルーというキーワードがきていてブルー展をしたいと決めていたので、とってもブルーづいている私です。是非是非お愉しみに🌱