10月の宝石-トルマリン、オパール、ローズクオーツ-


10月の誕生石で有名なのはオパール、トルマリン。最近はローズクオーツも10月の誕生石に仲間入りしておりますので、この3つの宝石をご紹介したいと思います。


Oparl-オパール-


●原産地

オーストラリア、メキシコ、ブラジル、アメリカ、チェコ、南アフリカ(共)

●色

無色(ウォーター)、白色(ホワイト)、黄色~オレンジ~赤色(ファイア)、緑色、青色、青灰色~黒色(ブラック)


オパールは水中で微小な珪酸球が沈殿し、岩石の隙間などに密に蓄積して形成される石です。水晶等と同じく、珪素をメインにする鉱物ですが、その成り立ちから、水分が多く、硬度も非常に柔らかい石です。珪酸球の並びが規則的なものは、見る角度によって変化しながら虹色に輝く遊色効果を持ちます。そういったタイプのオパールをプレシャスオパールと呼びます。きらめかないタイプのものはコモンオパールと呼んで区別します。オパールの語源はサンスクリット語で宝石を意味する『Upala』や、ギリシャ語で目を意味する『Opthlmus』など数説あり、和名の蛋白石はきらめかないオパールがゆで卵の白身の質感に似ていた事から名づけられました


●繊細な石から生まれた迷信

10月の誕生石に見られるドラマチックな遊色効果は、多くの作家によって花火、銀河、火山などになぞらえられてきました。 ベドウィンにも、オパールは稲光を蓄えていて嵐のときに空から落ちてくるという興味深い伝承があり、 古代ギリシャでは、オパールは予言と病気からの保護を授けると考えられていました。 ヨーロッパでは長い間、オパールを純潔、希望、真実の象徴としていました。 何百年も昔、オパールはカラーストーンのすべての美徳と力をまとめていると信じられていました。

しかしオパールには、ネガティブな迷信も広まりました。これらはジェムカッターが始めたものと言われていて、カッティングやセッティングのときのオパールの欠けやすさにイライラして、 宝石細工職人は通常、石のあらゆるダメージに責任があったため、オパールは運が悪いという噂を広げたとか。 サー・ウォルター・スコットの小説『Anne of Geierstein』から来る誤解もこの宝石が呪われているという迷信が広まるのを後押しし、小説ではオパールを身につけたレディ・ハーマイニーが、彼女の魔法を解いた呪文を破ってしまうという役割をします。


●人生の楽しさを教える石

オパールは数ある石の中でも非常に明るいエネルギ―を持つ、幸運の石です。

オパールの持つ独特の光は自由なエネルギーを象徴します。創造性を高め、内面の隠れた才能を引き出す力に優れる為、アーティストなどクリエイティブなことをしている方には特にオススメの石です。オパールは人生の暗闇に希望をもたらすような明るさに満ちた石であり、憂鬱を払い、何事にも囚われない柔軟さや人に左右されない自分自身の核を作ることを助けてくれる石でもあります。また、オパールは今ある人生をより楽しむ為に必要な心の持ちかたを教えてくれる教師のような役割を果たす石でもあります。固定概念を外し視野を広げる事で、新しい価値観を呼び込む為の助けとなります。

かつてオパールは不幸の石と呼ばれた時代もあったようですが、オパールほど幸せなエネルギーを持つ石は多くないと言われています。