top of page
hana3.png

作品紹介とアイヌの神謡と愛芽のコラム
創作の日々のことちょっと不思議なお話などnote各マガジンに綴っています。

作品はInstagramにも掲載中
過去の作品はGalleryからご覧いただけます。

銀の滴ふるふる2月の新作ジュエリー③Ametrine Ring-6-








Ametrine

-アメトリン-


南アメリカ、ボリビアのみでしか採掘できない希少な石で、スペイン語では「ボリビア女性」を意味する「ボリビアニータ」という名前も。 一つの結晶の中にアメジストとシトリンが生成することでバイカラーになる、と言われています。


そもそも現在のシトリンのほとんどは、アメジストが変色したもの。 現在では天然のシトリンは非常に稀で、ほとんどがこの加熱アメジストが流通しているとのことです。 そして、アメトリンがバイカラーになる過程についても、これに似た作用があることがわかっています。一つの結晶の中に存在していたものが、自然界で受けた放射線量の違いによって二つに色が分かれます。 シトリンに変色した部分がそのままアメジストとして残り、それが今回の主役、「アメトリン」として存在するわけです。自然の中でまったく偶発的に、放射線量の違いによってバイカラーに変化した天然石、それがアメトリン。 アメジストとシトリン、二つの顔を併せ持った、マルチな魅力あふれる天然石



また、アメトリンには才能を開花させる力があるとも言われています。 アメトリンはアメジストとシトリンが混ざり合った、 非常に魅力的な色彩を持つ石です。 アメジストとシトリンは非常に理想的なコンビネーションの石であり、アメトリンはその調和を完全に体現しています。 アメジストは主に、調和、内観などを通し、自分の内側の状態をベストなバランスに調和させ、シトリンは、エネルギーの循環、活性化、人生の喜びを感じて表現する、という外向きの働きがあります。 アメトリンは、この2つの石の意味を併せ持ち、自分の内側の状態を調和させたうえでエネルギーを循環させてくれます。調和と循環がうまく機能することにより、自分自身を最良の状態に保つことができます。それによって自分自身の能力を最大限に発揮することができるでしょう。 アメトリンに含まれる2つの性質は陰と陽とも表現され、一石の中にそのバランスを取っているといえます。自律神経の乱れなどに悩む方にもお勧めです。 また鉱物学的には水晶(クオーツ)で、ほかの石とも比較的相性が取りやすいです。


ボリビア アナイ鉱山 アナイ鉱山がブラジル、パラグアイとの国境付近にあり、流通にブラジルを介する場合は「ブラジル産」と表現されることがあります。



 

、アメジストとシトリンの柔らかなグラデーションが美しい希少石アメトリンのネックレスとリングを新たに3点創作しました。


最後にシンプルな銀の滴ふるふるリング♪




こちらもシンプルで華奢な銀の滴ふるふるリング。

石の爪に上下3粒ずつの6粒の滴を飾りました♪

まつ毛のように位置をずらした石爪がポイント。輝く第三の目🌱


グラデーションもきれいに写りました。



Kommentit


お気に召しましたら

各種フォロー/会員登録

どうぞよろしくお願い致します

  • 愛芽のInstagram
  • そらのたねInstagram
bottom of page