混在する合成石と天然石


最近は綺麗な合成石も多くちゃんと鑑定士に視て頂かないと見分けがつきません。私も頂いた石がなんだか気になって念の為、鑑定士に視て頂いたら、合成石で危うく販売してしまう所たっだ事もあり、以降、持ち込みの石は頂かない事にしています。


合成石はとても綺麗で、安価で手に入るのでそれ自体は全く問題ないと思います。

ただ作品としての販売時の表記が気になります。ハンドメイドサイトで、先日もサファイヤジュエリー特集として、作品が掲載されていましたが、びっくりする安さで販売されていたので、調べるとどうやら合成サファイヤと天然サファイヤの作品がごちゃ混ぜのようでして、全てが天然のサファイヤのように見えるし、勿論、合成石とは記載されていないので、ホンモノは確実にその価格では販売できないのになぁ…と思いながら見てしまいます。

合成なのに上質のブルーサファイヤなどと記載しているものは、ちょっとよろしくないなとも思ってしまいます。もしかしたら作家さん自体、本物のサファイヤだと思って仕入れて創作している場合もあるので何とも言えません。どのルートで仕入れているかも重要になってきます。かといって、高価だから本物というのも安易に断定できず。。


という事は、私たちが購入するうえで一番大事にしている表記は、決して全て当てにできないものであることも頭に置かなくてはならないのだと改めて感じました。

勿論きちんと知識を持ち、きちんと表記している作家さんもいますし、愛芽も表記は大事にしていますが、最終的には、何が正しい表記かを見分けていくのも各々の判断次第。自分で調べて知識を得ていくしかないのだと感じます。


逆を言えば昔と違って、確かな知識も得られ間違った知識を止める時代です。沢山の情報があふれるインターネットですが、その中で愛芽も装飾において、確かな情報の場となれるよう、このダイアリーで記載していきたいと思います。(以前のブログで記載していたものも(K14gfの事等)改めて徐々に更新していきます🌱)




© 2020by Sarah Lane. Proudly created with meme-jewels.com