月一冊読書始まる


昨日の朝は雨上がりで空気が澄んでいて何とも神秘的な景色でした。

ここ数年、自分でも驚く程に仕事に関するもの以外での、物欲が全くと言っていいほどなくなって、流行りの洋服や雑貨等を買う事もなくなりました。

そうした物質的なものよりも、日々の時間を有意義に使うことの方が私の一番の贅沢だと思うようになってきて、スマホにも時間を取られたくないなぁとすら思い始めてきて、ついついスマホを意味なく見てしまう自分が、これではスマホを使っているのではなくてスマホに使われているような気分になるので、思考を変える癖をつけなくてはと考えたのです。


それは一日一日変化していないようで実は少しずつ変化している毎日。この日のこの時間はその時にしか過ごせないものだから、そう思うともっと時間を大切に過ごしたいと思えてきて、必要な時間とそうでない時間を整理し始めています。

常に予定を入れるという事が必要な時間ということではなく、何もしない時間や余白の時間も必要だったりする。家族と過ごす時間もその一つ。

そうして空いた時間を増やしていくとまとまった時間が得られ、そこに新しい必要な時間が生まれてくる。


そうして今日からその空いた時間が読書の時間に切り替わります。

苦手だった読書のスタートです。月1冊読書。今までの私だったらあり得ない事で自分でも驚きです。


先週書いたスマホ脳をまずは読むことにして購入…と、本屋さんでもう一冊、読書が苦手な私でも継続して読めそうな本に出会ってしまいました。

#一日一ページ読むだけで身につく世界の教養365


一か月1冊が達成できなかったとしても、これなら必ず読めそうだと思えて、これは朝時間を作って読もうと決めました。

来年はすらすらと読書できる人になれるようにコツコツと続けていこうと思います。




今週も愛溢れる素晴らしい一週間でありますように…🌱