新しい聖母マリア飾りと茶トラ猫


もうすぐクリスマスですね。

昨年12月、私が描いた聖母マリアに合わせてセラさんがくださった、クリスマス飾りがとても素敵で、結局一年間飾っていたのですが、今年は私からオーダーして、毎年12月の恒例に出来たらと新たな一年間の飾りをお任せでお願いさせて頂いたのですが、今回はヒンメリを組合わせた月と太陽を表現、太陽に柔らかなピンクとグリーン、そして月にはブラックカラーのドライフラワーアレンジで、また新鮮で、SERAさんの芸術的センスが本当に素敵。

とても優しく温かな飾りとなりました♪


SERAさんいわく、我が愛猫のひまわりとムーンにもインスピレーションを受けたそうで何とも嬉や。


というのも、実は茶トラ猫と聖母マリアには不思議とつながっていて、

赤ちゃんだったキリストが眠れなかったとき、ゴロゴロと喉を鳴らす暖かい茶トラの猫に慰められたという言い伝えがあり、聖母マリアはその猫の額にキスをし、そこにMという字が残ったという素敵な言い伝えがあるのです。

(指でMと書いたと伝えるものもあるらしい)


それもあって、我がアトリエにやってきた猫2匹は本当に不思議なご縁でもあるので、そんなことは知らないであろうSERAさんのインスピレーションの高さには驚きです🌱流石!



今回からライトアップ。影も楽しめます♪


優しいブラックがアクセント♪


ここが好き。春にもぴったりな飾り


入り口正面にあるこの飾りも是非ご覧頂ければと思います。一年お楽しみください♪


更には先日スワンさんが、マリア様をイメージして素敵なステンドグラスの壁掛けをプレゼントしてくださり、ちょっとレイアウトしてみたら、何とも厳かなクリスマス仕様となりました。


私が聖母マリアを描いてから、不思議とご縁のあるものがアトリエに集まってきているようで勝手に癒されている私です🌱