今年から新しい展開へ

最終更新: 2019年2月1日





10年目を目前として、愛芽としての新たな創作の方向性が明確に定まったところで、また一つ、愛芽の方向転換をお知らせしたいと思います。


独立して今まで、創作を進めながら、オーダーメイドも多くご依頼頂くようになり、一点もの作品に拘り、一点もの作品を主体にして創作を進めて参りました。機械的な大量生産の作品(ジュエリー)と一線を置きたい思いと、同じものを沢山創る事に魅力を感じずにおりました。それよりも世界に一つしかない作品を沢山創っていきたい、自分の技術をもっと向上させたい。。そんな想いでここまでやってきました。解る人にわかってもらえばいい。静かにひっそりと。。そんなどちらかというと狭い範囲でおりました。


9年前の独立時からの時代の流れも大きく変化し、ハンドメイドというカテゴリーがより確固たるものとなり、価値を得て、機械的な量産を気にする事もなくなりました。

その変化と同時に愛芽自身も、ようやく自身の創作の根源に辿り着いたところ。


もっと沢山の人達に愛芽の作品を通して、愛や豊かさ、癒しといった光を届けたい。今迄のような狭い範囲ではなく、より広い範囲での活動を基本にしたいと考えるように。とすると今のやり方ではそれは無理だという結論になったのです。


同時に、愛芽が「水」を作品のテイストに定めてから生まれた定番ジュエリー達は、今も変わらず好評頂いていて、にも関わらず、一点もの作品に固執してしまい、まだまだ伸びしろのあるジュエリー達を、疎かにしてしまっていた事にも気づき可哀そうな事をしてしまっておりましたが、どれも自信のある作品達であり、この子たちなら沢山の人にお届けできるではないかと気づきました。


一つ一つ想いを込めて創っていれば一点ものに関わらず、その想いは伝わるのだという事をいつの間にか忘れてしまっていて肝心な事が抜けていたように思います。


という事で、様々な条件が重なった今年から愛芽は、一点もの主体ではなく、まずは定番ジュエリー達を主体に展開していくことに定め、より広い範囲で沢山の人に届けられるよう進んで参りたいと思います。今迄はお断りしていた委託販売も積極的になってみようと思います。


これから外に出て見てもらい、知ってもらう機会を、増やしていく予定です。何だかワクワクしております。

それによって一点もの作品もより良い展開となるのではないかと感じております。

という事で例年の新作展はひとまず白紙です(笑)

また、ウェブも新しく変更してゆくかと思いますが、一先ずご報告させて頂きます。


まだまだ続く愛芽の変化。どうぞ変わらずにご愛顧頂けましたら幸いです。



どうぞ宜しくお願い致します。

今週も皆様にとって愛のある温かな一週間となりますように…🌱



© 2020by Sarah Lane. Proudly created with meme-jewels.com