意識を向ける場所


ここ数週間は色々な切り替わりに合わせて、頭の中は忙しなくバタバタと過ぎ、昨日はシェアショップも無事にスタートすることが出来て一つ一つホッとしながら、本日はイベントと並行しつつ急ぎのオーダー等々、本業にも取り掛かります。

始まったばかりではありますが、今回のこのそらのたねシェアショップを介して嬉しい事があって、またいずれお話したいと思います。


そんな忙しない中で、やはり気になるのは連日の報道や、SNSで飛び込むミャンマーのクーデターによる現状。状況が良くなってくれればと祈りつつも、子供達の命が簡単に奪われている現状を目の当たりにすると胸が締め付けられる思いです。


先週いてもたってもいられず、何か支援出きることはないかと、支援先を探していたら、こんなクラウドファンディングを見つけ、ささやかながら支援させて頂きました。4月30日までです。

EARTH COMPANY

支援↓

https://www.earthcompany.info/ja/savemyanmar_2021/


そこで知ったミャンマーの人権活動家WAI WAI NU(ウェイウェイ・ヌー)さんは、

ミャンマー・ラカイン州生まれ。民主化運動に関わっていた政治家の父を持つという理由で、大学生だった2005年に突然逮捕・投獄され、7年間の刑務所生活を余儀なくされる。刑務所内で多くの女性の話に耳を傾ける中で、社会的不平等の結果厳しい境遇にある女性たちの実状を知り、女性や少数民族の権利と尊厳が守られる社会を築くことを決意。2012年の釈放後、女性への教育機会提供を目的としたWomen’s Peace Networkを設立。その後様々な民族の若者を対象とした教育事業や、ロヒンギャ難民キャンプへの支援活動など、草の根での活動を推進する一方、国際機関や各国政府に対してミャンマーの少数民族の人権問題に関するアドボカシーも精力的に行っている方で、支援を探すことがきっかけで、こうして素晴らしい活動をされている人達を知る事ができました。


悲惨な事にだけ目を向けていると何も救いがないけれど、それを食い止めようと実際に活動されている方たちを知ると、決して世界は悪いことだらけじゃないと思います。

私はまだまだこうしていろんな支援をしながら勉強させてもらっているのですが、世界を変えようと活動している人たちがこんなにも沢山いる。意識を向ける場所を変えるだけで自分の心の世界も変わると私は確信しています。一人一人の意識が大きな一つのこの世界を創っていて、この不安定な今、目を向ける場所、意識を向ける場所をなるべくポジティブなものに向けながら、行動していくことが大事なのだと思います。


以前から読ませて頂いている、現地でミャンマーのリアルタイムな現状を投稿されている方の記事もシェアします。テレビでは知り得ない内容もあるので、お時間ありましたらこちらも読んで頂くと確かな情報となると思います。

https://note.com/tomoyaan