情報スピードの速さ

最終更新: 9月3日


少し落ち着いて書ける余裕ができたので、久々に最近思うことを書きたいと思います。


丁寧さが失われる時代の速さ。

変化の加速。

ソーシャルは簡単でスピーディ。

発信の加速。


今年はソーシャルのスピードに乗ってみたりしたけれど

やっぱり田舎はのんびり

同じ日本にいても時差がある。


きっと人が多い都会ではこれがステータスで、スピードの速さに慣れてはみても、結局もう一つのリアルな世界を観てる感覚になって不思議。


世界がオンライン、ソーシャルで繋がって、

各々のソーシャル自体の世界も分かれ始めて

ソーシャル事態の世界も細分化されている

時間も

空間も

情報も

物質も

人々も

そうやって人間は自分に合った理想の

仮想現実の世界に到達するのかもしれないなぁなどと

最近得る情報から感じています。


特にスピードとソーシャルに適応した人からその先へ進む切符を渡される…


どこにも当てはまらない人はどこへ行くのだろうか…


少し前までとは違い、ゆっくり、遅~い発信もいいなぁと、最近の私は思うのです。


加速しすぎて見逃す新幹線の景色を

鈍行列車のようにゆっくり

更にはカタツムリのようにゆっくり土や石の肌触りや、雨や草花の匂いを感じながら小さな世界を愉しむのが性にあってるのかもしれないなぁ~と思ってみたり。。


今日は結局わけのわからない日記になってしまいましたが、メダカは元気に泳いでいます。。笑






© 2020by Sarah Lane. Proudly created with meme-jewels.com