女神のエネルギーと繋がる銀のエネルギー


愛芽が独立当初から伝えいる銀の素晴らしさ。私が好きな金属でもあるのですが、今回はその銀についてよりスピリチュアルなパワーを記載したいと思います。

というのも今月11月のキーワードはまさに「銀」だからです。


銀は豊かさをもたらすシンボル

月のエネルギーの象徴でもある銀。そして銀は女神と繋がるエネルギーを持っています。豊かさと女神のエネルギーを私たちに繋いでくれる金属なのです。これを知った時、 愛芽のリニューアルジュエリーネームとして使わせて頂いている、アイヌの神謡からとった、銀の滴ふるふるまわりに…、そして以前記載した女神と13の数字、これらが全て一つに繋がったのでぞわぞわ。愛芽との女神との明確な繋がりを感じた瞬間でもあります。

豊かさというと先に物質的な豊かさをイメージしますが、まずの心が豊かさが先に立ちます。それが物質的な豊かさに繋がってきます。これについては愛芽のスピリチュアルブログに記載してますので、そちらをご覧くださいませ。



銀は月のエネルギー

月に象徴されるように、非常に繊細で受動的な性質を持つ銀(シルバー)は、誰にでも等しく平等に働きかけることはなく、銀に惹きよせられた人にのみ働きます。銀を身につけた人の感受性を高め、宇宙の神秘・智恵を授け、潜在能力をくみ出す助けとなるエネルギーを放っています。そのため持つ人の情緒に強く作用するので、本人が混乱している時などはかえってストレスとなりるようです。 そこに宝石を加える事で石の力が沈静効果をもたらします。


銀は感情、超感覚的精神力、そして愛と癒しの金属です。身につけた人に、忍耐力と寛容力をもたらし、宝石と組み合わせることで、石の力をさらに増幅させてくれます。身につけた人と石の間の繋がりを強化し、エネルギーの流れを調整してもくれるのです。

特に水晶系の石の働きを強く誘導し人の肉体・感情レベルでの浄化・矯正を推し進めます。


銀銀が持つ柔らかいエネルギーは多くの人に受け入れ易く、その意味では金よりも人の感情的な潜在意識に働きかけることが可能ですが、銀は微細でソフトなエネルギーを放っているので、強力なあるいは高い波動を放つ宝石と銀を結びつけることは少し難しく、その時は宝石の組み合わせで可能になるとか。。私も個人的に創作していて、確かに強い石は何となくシルバーに合わせずに、石枠をゴールドにしたりしてバラン