ハーキマーダイヤモンドの特徴


愛芽のアトリエも沢山ハーキマーダイヤモンドがお嫁入りしてゆきました。紹介せずにお嫁入りしたハーキマーもありましたが、また新たにネックレスと

ピアスを追加致しましたので、こちらからご確認下さいませ。→meme Store

特にハーキマーはパワーが強いのか沢山の不思議エピソードがあるのですが、先日もまた一つ不思議で嬉しいお話が増えたので、いずれまた記載したいと思います。


さて、人気のハーキマーダイヤモンド。クリアで他の水晶とも見分けがつかないので、

ハーキマー以外の産出にも関わらず、両剣の水晶を販売されているショップが多く、「両剣水晶」=「ハーキマーダイヤモンド」と混同しているショップや問屋もあるそうです。ハンドメイドで創られている方の中には、それらの知識もわからないまま知らずに仕入れて、そのままハーキマーダイヤモンドの作品として販売しているものもありますので、下記を読んでいただき、まずはハーキマーダイヤモンドの特徴を知って頂けましたら幸いです。


完璧な透明度と輝きを持った結晶は、ほんの極わずかです。


ハーキマーの魅力はその透き通った澄んだ結晶です。内包物がなくクリアな状態で形が整ったのものは、私の知るところではあまりなく、小さくても高価です。

愛芽でも最初は上質のものが仕入れられましたが、最近はなかなか出てこず並質が多いです。実際に産出するほとんど95%以上はAグレードもないそうです。

愛芽で多く取り扱う並質もその透き通った透明度はほぼ変わらないのですが、必ず内包物やクラックが入っていいたり、形にもムラがあります。それがまた個性的で魅力の一つだと思います。比較的購入しやすい価格でもあるのですが、あまりにも透明度が高く内包物もない形も整ったハーキマーダイヤモンドが2、3千円で売られている場合は偽物の可能性が高いです。けれども、偽物とはいえ、水晶であることには変わりないので気に入ったならその石とフィーリングがあったのだという事なので購入して良いと私は思います。



青い色合い


基本的に無色透明のハーキマーですが、照明(太陽光)などによって結晶の縁に『水色』ぽい青みが出るそうです。これは実は愛芽の写真にも出ていて、昔使っていたカメラの方がその色を映し出してくれています。