チタン、ゴールドフィルド(K14GF)、メッキ製品とは



前回のお話の通り、愛芽のジュエリーは本来地金が持つ意味や良さ、機能性を大事にしている為、メッキコーティングはしていません。

メッキコーティングやゴールドフィルドのアクセサリーは安価で手軽に購入できる製品でもあるので勿論メリットもあります。そもそも、ゴールドフィルドやメッキコーティングにはどんな特性があるのかを知らない方もいらっしゃると思うので、取り扱いはしていませんが、アクセサリー選びの参考にしていただければと思います。


メッキコーティングの製品について


メッキのアクセサリーは元々非常に多く出回っていて、主に真鍮にシルバーやゴールドのメッキコーティングを施した安価なアクセサリーでご存知の方は多いと思います。

中でも銀メッキは中に含まれるニッケルによってアレルギーになりやすい為、メッキアレルギーの方が増えたのはこのせいかなと愛芽は思います。私自身、若い頃は安くてかわいいので銀メッキのアクセサリーを沢山着けていましたが、結局メッキアレルギーになってしまい、シルバーの良さを身をもって感じている一人です。金属アレルギーについてはまた改めて記載したいと思います。


●剥がれたメッキや壊れたメッキ製品の修理

一時、銀(スターリングシルバー)は使用しているうちに変色するため、銀の製品に更に銀メッキコーティングをしているアクセサリーもありました。変色が嫌な方はメッキ製品でもよいかと思いますが、メッキはいずれ剥がれるもので、実際はまたコーティングするには修理代が購入した価格よりも高くなってしまう場合が殆どです。実際愛芽の修理経験では一旦火をあてて全てコーティングを剥がしてから、表面を磨き、業者にコーティングの依頼をするので手間代もかかってきます。更に石など入っていたら一旦外してコーティングを剥がさなくてはならないので更に手間がかかり、正直一からお創りした価格とさほど変わらなくなり、ディテールも崩れやすいので、お断りする事が殆どです。又、メッキ加工は、量産の際に100個なら100個まとめて一気にメッキをするので、一つ辺りの単価が安く生産性が高いというものなので、1個も100個まとめた価格と同じ加工価格になります。

真鍮製品にメッキコーティングしているものは、破損した場合は一番簡単な接着という方法となり、ただの応急処置となってしまうので、完璧な修理はできずまた直ぐに破損してしまう恐れがあります。完璧な修理を望むと購入した価格より確実に高くなると思います。愛芽でもいくつか修理のご依頼を承りましたが、どうしてもという事で結局、接着の応急処置しかできないものばかり。専門の修理屋さんがあるのならそちらにお任せした方がいいかなと思いますが…そもそもあるかがわかりません。

こうした製品でとても大事にしている物であれば、創りも破損しやすいものが大半なので、とにかく壊さないように大事に大事に取り扱うのが一番です。